ルテイン配合の化粧品の特徴

MENU

ルテイン配合の化粧品の特徴

 

近年、パソコンやスマートフォンの画面などから出るブルーライトの目に対する悪影響が問題となっています。ブルーライトは紫外線よりも目の奥まで届き、網膜の細胞にダメージを与え、加齢黄斑変性の原因になるとも言われています。目によい成分として知られるルテインにはこうしたブルーライトをカットする効果があり、いわば天然のPC用メガネともいえるものですが、不足すればやはりこうした眼病を引き起こしてしまう恐れがあります。
実は、同じことが肌についてもいえます。ブルーライトは肌においてもやはり紫外線より深いところまで届き、活性酸素の中でも特に細胞膜を破壊する力の強い一重項酸素を発生させます。これはビタミンC・Eといった抗酸化物質や、体内にあるSOD(活性酸素除去酵素)では除去することができず、真皮のコラーゲンにダメージを与えてシワやたるみの元となったり、メラニンを大量に発生させてシミの元になったりします。
そこで登場したのがルテイン配合の化粧品です。これを肌に塗ることで、有害なブルーライトを肌の上で吸収し、肌内部への侵入を防いで活性酸素を作らせないようにすることができます。本来ルテインは人の肌に存在するものですが、年齢とともに減っていくので化粧品で補うことが大切です。

 

ルテインとゼアキサンチンの海外サプリを飲むようになって
私はルテインとゼアキサンチンが一緒になった海外のサプリを飲んでいます。
きっかけはブログで紹介されていたことで、正直に言ってしまえば海外のサプリにあまり良いイメージがなかったんです。
しかし某大手ショップのレビューは好評ですし、お手頃価格でもあったので一つだけ買ってみたんです。
とはいっても所詮はサプリ。
薬を飲んで効果が出るなら分かりますが、サプリで効果がそんなに顕著に出ることなどあるはずがないと思っていたんです。
しかし不思議なのは、たかだかサプリと思っていたのに目の渇きやしょぼつく感じが軽減してきたということ。
ルテインとゼアキサンチンのサプリはこんなに効果が出やすいのでしょうか。

 

ルテイン

 

@コスメでも話題の白内障目薬

 

最近、まつ毛育毛剤で良いものがないかなって思って、@コスメを探していました。
そうしたら、白内障目薬として利用されていたルミガンという医薬品が目につきました。
これまでも@コスメの口コミを見てから購入することが多かったので、今度は白内障目薬って試してみようかな。
お医者さんで処方してもらわないといけないのかな?
ちょっと購入方法がよくわからなかったので、チェックしてみると、みんなネットの輸入代理店とかで購入しているんですね。
うっかり、病院に相談しに行っちゃうところでした。
でも、白内障目薬のルミガンとかは、日本では製造していないのか、みんな海外のものばかりなんですね。
アメリカとかで製造しているようですが、大丈夫なのかしら?
海外産とかって品質の部分ではどうなのかな。
日本の薬事法とは違う成分が配合されている可能性もありますしね。
でも、口コミを見ていると、そんなにトラブルもなさそうですし、一度は使ってみたいなって思いました。
ただ、液体が目の中に入ってしまうと、充血してしまう可能性があるそうなので、それはちょっと気をつけないとダメだなって思いました。
まあ、コンタクトで一年中充血気味の私にはあんまり関係ないかも。

 

妊婦さんのためのカンジタ感染予防対策

 

カンジダは、膣の外部から来ることもありますが、膣の中に常在菌のようにいる場合もあります。妊娠するとホルモンバランスが変化するため、通常よりも妊娠中はカンジダに感染しやすくなります。
感染予防対策としては、健康や食生活が一番です。健康な時は発症しにくいため、日頃から十分に休息をとったり、健康に気をつけて生活習慣にも注意することです。食生活が乱れると栄養状態が悪くなり感染しやすくなります。そのため、バランスの良い食生活が大切です。
また、通気性が悪く湿度が高くなると感染しやすくなるため、おりものシートはなるべく使わないようにするか、使う場合でもこまめに交換するなど気をつけます。ナプキンも生理中以外に使う場合はこまめな交換を行います。通気性の悪いパンティストッキングや厚手のデニム、ガードルも感染しやすくなるため、なるべく避け、下着は通気性のよい綿製品を着用するようにし、洋服もゆったりとした服装を心がけます。
入浴後に十分に乾かさないまま下着を着用すると湿った状態となるためよく拭いて十分に乾かしてから服を着るようにします。また、不潔な状態でも感染しやすいため、毎日下着をかえて清潔な状態を保つようにします。

 

2015/07/27 18:26:27 |
怖い!女性ホルモンの乱れから起こる生理不順の落とし穴女性ホルモンが乱れると生理不順になりやすいですが、生理不順になることによって恐ろしい落とし穴にはまることもあります。特に妊娠の可能性がある人は、生理不順が当たり前になっていると、妊娠に気づかないというケースも出てきます。女性ホルモンが乱れていても、排卵がある限り女性は妊娠の可能性があります。私も元々は、生理不順の方でしたが、妊娠は結婚してからすぐでした。でも、妊娠しても、いつも生理不順だったので、多少生理が遅れても全く気にしませんでした。むしろ私の場合は、つわりが早くきたので、それがきっかけで妊娠を疑いました。もしもつわりの症状がなかったら、...
2015/07/23 18:26:23 |
ドライアイは完治できるの?ドライアイというのはどうなれば完治になるのでしょうか。実は、完治の基準というのは明確には定められていません。ドライアイの治療においてはマイボーム腺の調節を行う、という手術を行う以外にはドライアイを完治させる方法というのは解明されていません。というのも、ドライアイというのは原因が1つではなく、いくつもの要因になって発症する病気だからなのです。つまり、治療期間においても明確な基準はないのです。また、ドライアイは症状が一度は改善されても、予防を怠らないようにしなければなりません。ドライアイが重度の症状に至ってしまう前に自分でできる改善点というのはいくつもあります。日々の温熱...
2015/07/15 18:25:15 |
スマホによる疲れ目を改善携帯電話からスマホに機種変更をしている方が非常に多くなっています。スマホというのは携帯電話と比較をすると、かなり多くの機能がついています。そのため、ついつい長時間スマホを利用してしまうようになるのです。スマホの普及もあってか、目の疲れや目の異常を訴える方が増えてきているのです。毎日使用しているスマホから、目を守るにはどうすれば良いのでしょうか。目を守るためにできることとして、まずは明るさ設定を変更するようにしましょう。まずは、すぐに目を疲れさせることがないようにまぶしすぎない程度の控えめな明るさにするようにしなければなりません。これだけでも、目における負担がかなり軽減さ...